NECら、BPMソフトで佐世保重工の資材/原価システムを構築

ニューズフロント 2006年07月21日 22時54分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 佐世保重工業とNEC、NECトータルインテグレーションサービス(NTIS)の3社は7月21日、ビジネスプロセス管理(BPM)ソフトベースの新しい佐世保重工向け資材/原価システムを共同構築し、本格稼働を始めたと発表した。

 新システムは、NTISの「CGAA/ARIS」を用いて構築した。3社では「資材、原価の業務プロセスとデータ入力の流れを可視化、分析し、標準化するとともにデータ入力を簡素化し、業務担当者のノウハウに依存しない業務プロセスを設計して業務の品質向上と効率化を実現した」とする。

 具体的には、13種の業務プロセスを5種の標準プロセスとして再構築するとともに、部門間の重複作業を排除し、100種以上あった帳票を約20種に削減するなどの効果を得た。資材/原価情報を発生時点で収集し一元化することで、資材部門だけでなく、営業/設計部門など全社的にリアルタイムな情報共有が可能となり、同時にペーパレス化も実現したという。

 佐世保重工業は、BPMを活用した生産部門のプロセス改革も計画している。また、NECとNTISは、BPMにもとづくシステムの提案、構築を強化する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから