日立、カラーページプリンタに新モデルを販売開始--メインフレームからの利用が可能

CNET Japan Staff 2006年07月23日 00時33分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日立製作所は7月21日、カラーページプリンタ「Prinfina COLOR CX」シリーズに、オフィス用途および基幹システムからのカラー印刷に対応する「Prinfina COLOR CX4500」をラインアップに追加したことを発表した。7月25日より販売活動を開始する。

 新モデルは、A3サイズの用紙に対応し、毎分28枚のカラー印刷、毎分32枚のモノクロ印刷が可能なカラーページプリンタ。最大120万ページの高耐久性を実現するという。基幹システムからの印刷においては、日立のミドルウェア「PRINT DATA EXCHANGE」と連携することで、メインフレームからのカラー帳票印刷が可能になる。そのほか、SAP R/3やCitrix Presentation Serverなどとのシステム連携がすでに確認されている。

 希望小売価格は31万2900円。出荷は7月28日から。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!