東芝、「デュアルコアインテルXeonプロセッサー」搭載の2wayサーバー2機種

WebBCN (BCN) 2006年07月25日 09時56分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 東芝は7月24日、IAサーバー「MAGNIAシリーズ」で、インテルのデュアルコ アCPU「Xeon」を搭載した2wayサーバーを発売すると発表した。1U(約44mm) サイズのラックマウント型モデル「MAGNIA2505R」と、タワー型エントリーモ デル「MAGNIA2500」の2機種を販売する。出荷は8月29日に開始する予定。

 いずれも、CPUに「デュアルコアインテルXeonプロセッサ5050」と最新チッ プセット「インテル5000P/5000V」を採用したのが特徴。CPUは最大で2個搭載 可能。独自開発のオンボードSATA RAIDを標準装備し、RAID 0、RAID 1、RAID 5、RAID 10にも対応する。

 HDDは、SATAII/300 HDDの80GB、160GB、250GBの3種類で、「MAGNIA2505R」 では最大3基、「MAGNIA2500」は最大4基搭載できる。メインメモリには、DDR2-533 FB-DIMMを採用し、「MAGNIA2505R」は最大で24GB、「MAGNIA2500」は最 大で12GBまで拡張が可能。

 「MAGNIA2505R」は、企業の情報システム部門やデータセンターなどで、ラ ックへの高密度実装に最適な1Uラックマウント型のサーバー。本体サイズは幅 425×奥行き718×高さ43mm。価格は62万9370円から。

 「MAGNIA2500」は、企業内の部門サーバーや事務所、店舗などで単一サーバー として求められる基本性能を備え、コストパフォーマンスに優れたタワー型サー バー。本体サイズは幅198×奥行き518×高さ440mm。価格は49万9170円から。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR