日本IBM、「業界最速」を前面にうたうハイエンドUNIXサーバを発表

柴田克己(編集部) 2006年07月26日 23時03分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本IBMは7月26日、「業界最速」を前面にうたうUNIXサーバ製品のハイエンドモデル「IBM System p5 モデル595」および「IBM System p5 モデル590」を発表した。いずれも8月11日に出荷開始の予定。

武藤和博氏画像 日本IBM、システム製品事業システムp事業部長、理事の武藤和博氏

 同社のUNIXサーバ製品群の最上位機種となるモデル595は、2.3GHzのPOWER5+プロセッサを最大64way(Core)まで搭載可能。1.9GHzのPOWER5プロセッサを搭載していた従来の最上位機種と比べて約1.2倍の処理能力を持つほか、TPC-Cベンチマーク値では401万6222を記録しており、64wayのItanium2(1.6GHz)を搭載したHP Superdomeと比較して「約3.2倍であり、業界最速」(日本IBM、システム製品事業システムp事業部長、理事の武藤和博氏)であるとする。

 一方のモデル590は、2.1GHzのPOWER5+を最大32way(Core)まで搭載可能。さらに、モデル595とモデル590のいずれについても、現在開発中の次世代POWERプロセッサである「POWER6」への移行パスを提供する予定だ。

 同社では、このハイエンドモデルの訴求ポイントを、圧倒的なパフォーマンス(価格性能比)と、先進的な仮想化技術(柔軟性)、高信頼性・高可用性としており、従来のハイパフォーマンスコンピューティング分野のみならず、サーバコンソリデーションなどの用途に対しても積極的に売り込む。また、性能面の訴求のみならず、2006年4月に開設した「UNIX Migration Center of Competency(UMCoC)」により、ビジネスパートナーも交えた形でユーザーの他社製UNIXサーバからSystem pへの移行を支援するほか、移行ユーザーに対する割引制度を用意するなどの体制を整えている。「(System p5の)有り余るCPUパワーで、他社汎用機、UNIX機のあらゆるワークロードを取り込んでいく」(武藤氏)とする。

 価格は、IBM System p5 モデル595が1億5907万5420円より。モデル590が9296万280円より。

 また同日、これらのハイエンドモデルに加えて、エントリークラスのUNIXサーバ「IBM System p5 モデル505Q」も発表されている。1Uモデルでありながら、デュアルコアのPOWER5+/1.65GHzを2基、36MバイトL3キャッシュ2個を搭載したQCM(Quad Core Module)を搭載しており、従来の1Uモデルの2倍の処理性能を実現している。こちらも、1UタイプのUNIXサーバとしては「世界最速」の製品になるという。

 IBM System p5 モデル505Qの価格は、107万4465円より。出荷開始は8月11日の予定。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR