トリップワイヤ、変更管理ツールの低価格版「Tripwire Manager Lite 4.6 日本語版」を出荷

CNET Japan Staff 2006年07月27日 14時53分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 トリップワイヤ・ジャパンは7月26日、変更コントロールソフトウェア「Tripwire for Servers」の管理コンソール「Tripwire Manager Lite 4.6 日本語版」の出荷を同日から開始すると発表した。同製品は「Tripwire Manager 4.6 日本語版」の低価格版となる。

 Tripwire Manager Lite 4.6 日本語版は、Tripwire Manager 4.6 日本語版と全く同じ機能を搭載する。管理できるTripwire for Serversのライセンス数を2台までに限定することで、価格を抑えた。3台以上のTripwire for Serversを管理する場合は上位製品への有償アップグレードも可能だ。

 初年度サポートとメンテナンス料金を含む標準価格は税込62万7900円。Tripwire Managerへのアップグレード費用は131万4600円。

 変更コントロールソフトとは、情報システムにおけるアプリケーションやファイルの追加・変更をコントロールするためのもの。変更を検知し、履歴を記録する。検知された変更が予定されていたものかどうかを評価し、変更の正当性を確認する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから