テンプスタッフ・テクノロジー、OSS技術者の育成型派遣プログラム「Open Pro LAMPコース」を開始

CNET Japan Staff 2006年07月28日 12時22分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 テンプスタッフ・テクノロジーは7月25日、オープンソースソフトウェア(OSS)技術者の育成から派遣、その後のキャリアプランの実現までをサポートする育成型派遣プログラム「Open Pro LAMPコース」を2006年9月より開始すると発表した。同コースでは、OSSに特化した事業展開を行うワイズノットとの協業により、OSS技術者の育成および派遣を行う。

 このプログラムでは、テンプスタッフ・テクノロジーの社員として採用して研修を実施し、研修終了後は特定派遣する仕組みを採用する。なお、Open Pro LAMPコースのLAMPは、オープンソースを使ったデータベース連動型ウェブアプリケーションの開発で主に使用される組み合わせを指し、Linux、Apache、MySQL、PHPの頭文字を取っている。

 専任のカウンセラーが、業務上直面する問題から将来のキャリアプランに至るまで全面的なサポートを行う。1〜2年の実務経験を積んだ後に、本人の希望を考慮しながら、正社員登用やほかのプログラム(Open Pro JAVAコース、Net Pro)への移行などもサポートするという。

 研修期間中の就業時間は午前9時〜午後6時。研修費は無料で研修期間中は別途給与支給される。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!