IBMと京セラミタ、最先端プリンタソリューションを共同で開発

CNET Japan Staff 2006年07月28日 21時21分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 IBMと京セラミタは7月26日、京セラミタのプリンタ製品全ラインでIBMの消費電力効率に優れた技術を採用していること、および次世代プリンタ製品でもこの技術を活用していくことを「デザイン・オートメーション・カンファレンス」において発表した。

 京セラミタは、標準IBM PowerPC 750プロセッサなどを採用し、カスタマイズされたIBMテクノロジを活用して、プリンタ製品を市場へ迅速に提供してきた。同社はさらに、単一機能のローエンドモノクロページレーザープリンタから高性能の多機能モノクロ/カラーレーザーシステムまで、製品ライン全体でPower Architectureテクノロジコア搭載の有無に関わらず、IBMの特定用途向け集積回路「ASIC(Application Specific Integrated Circuits)」を採用している。

 Power.orgのメンバーでもある京セラミタは、プリンタの設計に、同じインターフェース、ASIC、ボード設計を活用し、IBM PowerPCプロセッサの高速モデルを採用することで、システム更新サイクルに必要な市場投入時間を短縮した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!