ブレイニーワークス、ポーラ化粧品から人事システムを受注

CNET Japan Staff 2006年07月31日 14時52分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ブレイニーワークスは7月28日、ポーラ化粧品本舗の次期統合人事システムとして、同社の製造業向け人事パッケージソフトウェア「POSITIVE-Manufacturing Edition」を受注したことを発表した。2007年2月の稼働を予定している。

 ポーラ化粧品では、グループ経営の基盤強化を図るため、これまで汎用機で運用していた人事給与管理システムの刷新を検討。アウトソーシングサービスや複数のパッケージソフトウェアの中から、製造業特有機能が標準機能として実装されていること、短期導入を可能にするテンプレート、同業種での採用実績などを評価し、同製品が採用された。

 今回のシステム化対象は、本社およびグループ企業6社を含めた約2500人で、今後はグループ全体への展開を予定している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!