住商情報システムとインフォテリア、データ連携製品「ASTERIA」販売でパートナー契約

ニューズフロント 2006年07月31日 22時35分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 住商情報システムとインフォテリアは7月31日、ソリューションパートナー契約を結んだと発表した。住商情報システムは、インフォテリアのデータベース/システム連携製品「ASTERIA」のライセンス販売窓口となる。

 ASTERIAは、フロー図にXML、Excel、PDFなど各種フォーマットのデータや、プロトコルなどを表すアイコンを配置し、線でつなぐことで、システム/データベース間の連携を設定、実行できる。コーディングの手間を省き、マウスによる直感的な操作で素早く作業を進められるのが特徴という。

 住商情報システムはASTERIAの販売窓口となることで、従来のメインフレーム連携やERP導入に伴う大規模なシステム連携基盤に加え、中小規模のシステム連携基盤を拡充。コンサルティング、システム構築、保守、サポートなどを行っていく。初年度20社への導入を目指す。

 また住商情報システムでは、ASTERIAを組み込んだ無停止型EAIサーバの商品化も予定しており、今後もインフォテリアとの協力を通じて事業の拡大を目指すとしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?