網屋、サーバアクセスログ監査ツール「ALogコンバータ」新版を出荷

CNET Japan Staff 2006年07月31日 21時23分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 網屋は7月31日、サーバアクセスログ収集ツール「ALogコンバータ」の新版Ver2.0の出荷を8月2日に開始すると発表した。

 ALogコンバータは、サーバアクセスログの管理をサポートするツール。主にファイルサーバへのアクセスログと、ドメインコントローラサーバへのログオンログの収集/管理を行うことができる。

 新版では、アクセスログ検索システムの機能を追加し、検索する権限を持つユーザーごとにログを検索できる範囲を制限できる仕組みも搭載した。また、完全エージェントレス機能を新規搭載し、ログ収集処理効率も向上させた。

 価格はWindows版がサーバ5台で98万円から、EMC版がサーバ1台で98万円から、NetApp版がサーバ1台で98万円から。

 2007年3月期までに同製品の新規出荷200社を目指す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!