野村総研、パートナー企業6社と連携してオープンソース・サポートサービスを拡大

CNET Japan Staff 2006年08月02日 17時03分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 野村総合研究所(NRI)は8月1日、オープンソース・サポートサービス「OpenStandia(オープンスタンディア)」のパートナープログラムを開始すると発表した。パートナー企業6社と連携し、オープンソースソフトウェア(OSS)のサポートサービスを拡大する。

 OpenStandiaは、Tomcat、JBoss、MySQLなどのオープンソースミドルウェア単体、および「OpenStandia/Application Server」と「OpenStandia/Business Intelligence Server」の導入から保守までのサポートを提供するサービス。

 NRIは今回、OpenStandiaのパートナープログラムを開始し、ハードウェアベンダーをはじめとするパートナー企業6社を通じてサポートサービスを提供できる体制を整えた。

 パートナープログラム参加企業は、サン・マイクロシステムズ、デル、日本SGI、日本ヒューレット・パッカード、PFU、ミラクル・リナックス。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!