エアー、DBセキュリティアプライアンス「SQL Guard V.5」を出荷--内部統制強化を支援

CNET Japan Staff 2006年08月03日 14時54分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソフト開発のエアーは8月2日、米Guardium製データベースセキュリティ製品「SQL Guardバージョン5」を出荷すると発表した。

 SQL Guardは、企業の内部統制強化を支援するデータベースセキュリティアプライアンス。データベースへのアクセスをネットワークに負荷をかけることなくモニタリングし、アクセスログから各種レポートを作成。不正アクセス検出時には、アラート通知/アクセス拒否などのアクセス制御をリアルタイムに実行できる。

 新版では、新たにInformix 10.x、Microsoft SQL Server 2005、Oracle 10gR2、Sybase ASE 15、Sybase IQ 12.6 に対応。アプリケーションユーザーの監査・監視オプションをOracle E-Business Suite、PeopleSoftに広げた。

 また、個人情報漏洩対策のアクセラレータ「Data Privacy Accelerator」を追加し、外部ツールとの連携も強化されている。ポリシー設定機能も拡張された。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR