サン、SOA開発基盤「Sun Java CAPS」を販売--1人あたり年間1万4000円から

CNET Japan Staff 2006年08月04日 12時07分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サン・マイクロシステムズは8月3日、SOA開発基盤「Sun Java Composite Application Platform Suite(Sun Java CAPS)」の販売活動を同日より開始し、9月上旬より出荷すると発表した。

 Sun Java CAPSは、システム統合の簡素化を実現するEnterprise Service Bus(ESB)機能を中核にとする。データ処理量が拡大した場合にも対応可能な分散処理機能を備え、ワークフロー機能や分析機能を搭載する。Solarisだけでなく、AIX、HP-UX、Red Hat Enterprise Linux、Windowsにも対応する。

 フル機能を備えたSun Java CAPSのほかに、Enterprise Service Busの構築に特化するサブセット「Sun Java Enterprise Service Bus Suite」も販売する。

 ライセンス価格は、従業員1人あたり年間1万4000円から。Sun Java Enterprise Service Bus Suiteのライセンス価格は、従業員1人あたり年間7000円。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR