NEC、ブロードバンド統合システムのショールームをリニューアル

ニューズフロント 2006年08月04日 15時55分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NECは8月4日、東京都港区にあるブロードバンド環境ベースの統合システムに関するオフィス兼ショールーム「NECブロードバンドソリューションセンター」をリニューアルし、8月8日に再オープンすると発表した。新たに、シンクライアントやWAN高速化装置「WanBooster」などを展示する。

 NECブロードバンドソリューションセンターは、IP電話やFOMA/無線LANデュアル端末「N900iL」、ウェブ会議などを紹介し、「オフィスのブロードバンド化によるワークスタイル改革を提案してきた」(NEC)。2004年1月の開設以来、約2万5000人の来場者があったという。

 リニューアルにともない、シンクライアントシステムを実現する「クライアント統合ソリューション」、WANでの高速ファイルアクセスを実現する「WanBooster」、日本版SOX法対応を支援する「内部統制強化ソリューション」、IPテレフォニーサーバ「UNIVERGE SV7000」と「Microsoft Live Communications Server 2005」を統合するミドルウェア「UNIVERGE OW1000」、赤外線による屋内位置管理と情報発信を融合した「ロケーションマーケティング」という5種類の展示を追加した。

 NECでは、2008年度までの3年間で、NECブロードバンドソリューションセンターと「NECプラットフォームイノベーションセンター」への来場および利用を契機とする企業向けソリューション事業の受注貢献額として、3000億円を目指す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!