地域生活情報ポータルサイト「Qlep」が「Zend Platform 2 日本語版」を採用

CNET Japan Staff 2006年08月07日 13時48分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ゼンド・ジャパンは8月4日、クインランドのDMES事業本部が運用する地域生活情報ポータルサイト「Qlep(キューレップ)」のシステムに「Zend Platform 2 日本語版」が導入されたことを発表した。

 クインランドでは、Qlepの生活情報サイトを26地域へと拡大したことに伴い、Zend Platform 2 日本語版を導入。PHPサーバの高速化をはじめ、サーバ増加へのスムーズな対応や、プログラムの標準化と効率的なデバッグを実現したことなどの効果があったという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!