日本コンピュウェア、機能テストツール最新版「TestPartner 5.4 日本語版」を販売開始

CNET Japan Staff 2006年08月07日 15時01分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本コンピュウェアは8月3日、機能テストツール「TestPartner 5.4 日本語版」の販売を同日より開始すると発表した。

 TestPartnerは、アプリケーションの機能テストや回帰テストを実施する機能テストツール。ウェブや.NET、Win32、JavaおよびSAPで開発されたアプリケーションに標準で対応する。

 新版では、「Microsoft Visual Studio 2005 Team System(VSTS)」との統合が可能になり、「.NET Framework 2.0」に対応した。また、データドリブンテスト機能を強化し、テストスクリプトと外部データを関連付けての自動テストを実行する「アクティブデータウィザード」機能が搭載された。テスト資産のインポート/エクスポート機能も追加されている。

 価格は98万1750円から。8月3日に出荷された。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!