NTT西日本、中堅中小企業向けソリューションビジネスを強化--専任担当1000人を投入

CNET Japan Staff 2006年08月07日 15時09分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTT西日本は8月4日、今後急速なIT投資の伸びが期待される中堅中小企業市場向けのソリューションビジネスを強化するために、「ビジネスソリューションパッケージ」を8月7日から提供開始すると発表した。

 同パッケージでは、ネットワークの構築からシステム設計・工事、保守・運用、メンテナンスまでオールインワンで提供する。FTTHによる電話の「ひかり電話メニュー」 、情報漏えいやインターネットからの不正アクセスを防止する「セキュリティメニュー」 、複数の事業所や店舗を映像で遠隔監視する「モニタリングメニュー」 がラインアップされた。

 また、1000人規模の人員を割き、中堅中小企業向けの「ソリューションビジネス推進体制」も構築する。具体的には、本社の「中堅中小ビジネス推進グループ」に約20人、支店の「中堅中小ビジネス推進プロジェクト」に約1000人の専任を置く。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
経営

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?