インターコム、総合セキュリティASPサービスの最新版を提供開始--ISP、ECサイト向けに

ニューズフロント 2006年08月08日 17時55分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 インターコムは8月8日、Windows向けセキュリティ対策ソフトをインターネット経由で提供するASPサービスの最新版「SHILDIAN NETservice」について、ISP、ECサイト、ホスティング事業者向け販売を開始した。各事業者は、同サービスを月額料金制でエンドユーザーに再販できる。

 SHILDIAN NETserviceは、アンラボが開発したセキュリティASPサービス。導入した事業者のユーザーは、各事業者のウェブサイトで申し込みをして利用する。ASP型のサービスであるため、事業者はプログラムのメンテナンスやサーバの管理を行う必要がない。ユーザーも、PCへのソフト導入やアップデートなどを手動で行うことなく、月額課金制で継続利用できる。

 最新版では、ウイルス/スパイウェア対策、Winnyの検出/削除、ファイアウォール、個人情報流出防止、フィッシング対策、ファイル暗号化/完全消去、有害ウェブサイト規制、スパムメール対策、システム最適化といった機能を、まとめて提供する。ユーザーのPC上で動くのはASP用に軽量化したソフトであるため、動作負荷は小さいという。

 提供する機能の違いにより、以下の3種類のメニューを用意する。

  • 「AhnLab V3 VirusBlock Internet Security 2007 Platinum ASP」:全機能を統合した最上位バージョン
  • 「AhnLab SpyZero 2007 ASP」:スパイウェア専用の対策ソフトを提供する。Winny検出/削除とシステム最適化の機能も備える。他社製ウイルス対策ソフトと併用できるため、「特にスパイウェア対策を強化したいユーザーに最適」(インターコム)
  • 「AhnLab V3 VirusBlock Internet Security 2007 ASP」:スパイウェア専用対策ソフトを除く全機能を統合したバージョン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから