FJB、セキュリティサービス群「FJB Security Opt」を提供--IT全般統制を追加

CNET Japan Staff 2006年08月09日 13時41分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 富士通ビジネスシステム(FJB)は8月8日、富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ(富士通SSL)と連携し、これまで提供してきたセキュリティソリューションを「FJB Security Opt」として体系化、新たに内部統制「IT全般統制(セキュリティ)」を追加し、同日から提供を開始すると発表した。

 同ソリューションは、FJBが富士通SSLと共同で推進する「ITガバナンス・アセスメントサービス」の診断結果に基づいた対策を実現するためのサービス群となる。今回IT全般統制を追加したことで、内部統制におけるIT全般統制関連セキュリティ分野でのサービスを新たに展開する。

 IT全般統制では、「ネットワーク・システムへの不正アクセス防止」「システムの利用ログ・端末の操作ログなどの監査証跡を収集・管理」「システムデータの適正な保護・保管」「IT資産の構成管理・管理ルールの遵守・徹底」という4つのテーマから、「IDアクセス管理」「操作・アクセス制限」「不正アクセス防止」「ログ(監査証跡)取得」「データ保護」「IT資産管理・構成管理」の6つのソリューションを提供する。

 2006年度にFJB Security Opt全体で35億円の売上を目指す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!