ボーランド、Turboブランドを復活--無償版も提供

CNET Japan Staff 2006年08月10日 14時13分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 米Borlandのデベロッパーツールズグループは8月8日(米国時間)、同社のMicrosoft Windowsおよび.NETアプリケーション開発環境であるBorland Developer Studioの単一言語版をリリースする計画を発表した。Turboの愛称を復活させ、特定言語用のRAD(Rapid ApplicationDevelopment)環境を、主に個人向けに提供する。

 Turbo製品としては、Turbo Delphi for Win32、Turbo Delphi for .NET、Turbo C++、そしてTurbo C#をラインナップする。それぞれに、無償でダウンロードできる「Turbo Explorerエディション」と500ドル未満の価格帯で他社製ツールやコンポーネント、プラグインなどを追加できる「Turbo Professionalエディション」を用意する。

 Turbo Delphi、Turbo Delphi for .NET、Turbo C++、Turbo C#は、2006年第3四半期中に提供する予定だ。

 Borlandは1983年にPC開発環境としてTurbo Pascalをリリースしている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR