日本セーフネット、レイヤ2で高速な暗号通信を実現「SafeEnterpriseEthernet Encryptor」を発表

CNET Japan Staff 2006年08月10日 14時24分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本セーフネットは8月9日、イーサネットをベースにしたネットワーク向けの暗号通信装置「SafeEnterprise Ethernet Encryptor」の販売を9月1日より開始すると発表した。

 同製品は、イーサネットベースのサービスに対し、レイヤ2上でセキュアな暗号通信を実現できる装置。既存のネットワーク・インフラ上にもスムーズに導入できるアーキテクチャという。

 製品は10Mbps、100Mbps、1Gbpsの3種類をラインアップしている。価格は、10Mbpsで1台119万8000円から。初年度1億円、3年後に20億円の売り上げを見込む。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!