ソフトバンク・テクノロジーなど、オンメモリRDBMS「Kairos」専用Opteronサーバを発売

ニューズフロント 2006年08月10日 16時38分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソフトバンク・テクノロジー(SBT)とハードウェア販売のテクノグラフィー(TGI)は8月10日、オンメモリ対応リレーショナルデータベース管理システム(RDBMS)「Kairos」ユーザー向けに、メモリ容量64Gバイトまたは128Gバイトの韓国Uniwide Technologies製デュアルコアOpteronプロセッサ搭載サーバを販売開始した。

 Kairosは、韓国REALTIMETECHが開発したRDBMS製品。データ処理の多くをメモリ上で実行するため、ハードディスク(HDD)で処理をする一般的なRDBMSに比べ、速度が飛躍的に高いという。ただし、高速処理の実行には、大量のメモリを搭載したサーバが必要となる。

 SBTとTGIの提供するUniwide Technologies製サーバは、動作周波数2.4GHzのデュアルコアOpteronプロセッサを2個搭載するKairos専用モデル。Kairos用とするため、「モデル882 64Gバイトメモリモデル」(699万6000円)と「モデル892 128Gバイトメモリモデル」(2064万9000円)という大容量メモリモデル2種類を設定した。いずれも、記憶容量300GバイトのHDDを2台内蔵する。使用にあたっては、Windows Server 2003 Enterprise x64 EditionまたはRed Hat Enterprise Linux 4.0 ASが別途必要となる。

 両社では、初年度に合計3億円の売上高を目指す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?