関電システムソリューションズ、日本通信の「Secure PBクライアント」を採用

CNET Japan Staff 2006年08月11日 16時10分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本通信は8月10日、同社の「Secure PBクライアント」が、関西電力グループの関電システムソリューションズが法人向けに提供する「Secure Mobile」の通信制御ソフトウェアとして採用されたことを発表した。

 Secure MobileはASP型のリモートアクセスサービス。「SoftEther CA」を利用している。

 Secure PBクライアントは、インターネットを介して外出先や自宅から社内システムへのアクセスを可能にする通信制御ソフトウェア。関電システムソリューションズでは、同製品のセキュリティ機能やポリシー以外の方法による通信接続を拒否できる機能などを評価し、採用した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!