2005年の国内ストレージソフト市場は前年比13.7%で615億円--IDC Japan調べ

CNET Japan Staff 2006年08月11日 17時01分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 IT専門調査会社のIDC Japanは8月10日、国内ストレージソフトウェア市場の2005年の売上実績と、2010年までの予測を発表した。

 同調査によると、2005年の国内ストレージソフトウェアの売り上げは615億円で、前年比13.7%増。IDCでは国内ストレージソフトウェア市場の2005年から2010年までの年間平均成長率(CAGR:Compound Annual Growth Rate)を11.5%と予測している。

 2005年の国内ストレージ市場全体では、ディスクストレージハードウェアの売り上げが前年比で減少した一方で、ソフトウェア分野のバックアップソフトウェアとストレージレプリケーションソフトウェアが市場の成長を牽引した。ITを利用するうえでのリスク管理の考え方が企業に定着してきたことと、企業の保有データ量の増加が運用方法の見直しを迫られる段階にきていることをストレージソフトウェア市場が成長した主な要因だ。

 IDCでは、今後内部統制の整備を求められる上場企業・大企業を中心に、ITインフラの統合や運用・管理の自動化・効率化が行われる見込みで、それを支援するストレージソフトウェア製品は仮想化技術やプロビジョニング機能などを進化させ、導入効果を増していくと予測する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから