NEC、固定電話との連携を強化した「StarOffice21/コミュニケーションポータル V2.1」

CNET Japan Staff 2006年08月18日 18時21分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NECは8月17日、スケジュール情報、位置情報、電話状態、在席状態を確認しながら、電話やメール、ウェブ会議などのコミュニケーション手段を統合的に扱う基盤ソフト「StarOffice21/コミュニケーションポータル」の最新版V2.1を発表。同日より販売活動を開始した。

 新バージョンでは、従来からの機能であるソフトフォン「DtermSP30」との連携に加え、SIP対応テレフォニーサーバ「UNIVERGE SV7000」、またはテレフォニーサーバ「UNIVERGE APEX7600i」を介した固定電話や携帯電話、PHSなどの電話機との連携が可能になった。また、利用シーンに応じて、データの閲覧、編集に適したフルモードと表示スペースを小さくしたコンパクトモードの2つの画面モードが用意された。

 そのほか、個人用の電子電話帳について、個人が登録、編集したデータをサーバ上で管理する機能も搭載。サーバ上の電話帳データを携帯電話から利用することも可能にした。電話会議やウェブ会議などの機能も強化されている。

 価格は、50ユーザーの場合、480万円から。8月21日に出荷を開始し、今後3年間で1000システムの販売を見込んでいる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?