マーキュリー、PCWS向けのCellアクセラレータボードを発売

CNET Japan Staff 2006年08月18日 18時24分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本マーキュリーコンピュータシステムズは8月17日、Cell Broadband Engineプロセッサ(Cell BE)ベースの製品である「Mercury Cell Accelerator Board(CAB)」の国内販売を開始すると発表した。

 同製品は、PCI ExpressフォームファクタのPCワークステーションに搭載することで、180GFLOPSの性能を実現するアクセラレータボード。レンダリング、レイトレーシング、ビデオ・画像処理や信号処理などの計算集約型アプリケーションに適しているという。

 現在、プロトタイプを限定供給中で、2007年第1四半期までに量産に入る予定。価格は1枚当たり127万円。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから