アライドテレシス、中小企業向けVoIPソリューション「VioCall SMB」を販売開始

CNET Japan Staff 2006年08月18日 18時37分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 アライドテレシスネットワークスとアライドテレシスは8月17日、中小企業向けに最適化されたVoIPシステムをコンサルティングやサポートまで含めて提供するVoIPソリューション「VioCall SMB(ヴィオコールSMB)」の販売を開始すると発表した。

 VioCallは、アライドテレシスネットワークスが提供するVoIPソリューションのブランド名。その第1弾となるVioCall SMBでは、従業員数50人以下の中小規模企業がターゲットとなる。SIPサーバとITSP/PSTNゲートウェイを一体化したアプライアンスサーバと、ユーザー自身が内線番号の追加や変更を行えることが特徴という。

 機器構成は、アプライアンスサーバ「VioCall Manager SMB」のほか、SIP対応IP電話機「CentreCOM CP100TX」などのIP電話機、レジデンシャルVoIPゲートウェイ「CentreCOM RG601TX」、エンタープライズVoIPゲートウェイ「CentreCOM EG2004TX-BRI」および「CentreCOMEG1004TX」など。

 導入に際しては、コンサルティングから、機器選定、ネットワーク設計/施工、導入後のサポートまでを一括で提供できる体制を構築しているという。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!