千趣会、日本IBMへIT運用をアウトソーシング--運用管理コスト1割削減を見込む

CNET Japan Staff 2006年08月22日 17時34分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 通販大手の千趣会は8月21日、情報システムインフラの運用・管理・保守業務の一部を日本IBMにアウトソーシングしたことを発表した。契約期間は2006年7月からの7年間。

 千趣会の情報システム部は、企画業務およびIT強化のための開発・保守に集中する。アウトソーシング対象は、コールセンターからの受注情報、発注情報などを管理する千趣会の基幹システムの運用・管理・保守部分で、これを日本IBMがデータセンターで運用することになる。

 千趣会では、日本IBMのアウトソーシングを利用することにより、技術変化への柔軟性の向上や運用管理業務の人的付加を軽減することを狙う。また、システムの運用管理コストを従来より約1割削減できると見込んでいる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
運用管理

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから