サン、1.8GHzの「UltraSPARC IV+」を発表

文:Stephen Shankland(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2006年08月23日 16時28分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Sun Microsystemsは先週、同社のプロセッサ「UltraSPARC IV+」の最高処理速度を、1.5GHzから1.8GHzへと引き上げた。同社によると、処理速度の高速化により、同プロセッサを搭載したサーバのパフォーマンスが全体的に約20%向上するという。Sunは、1.5GHzチップを使用したシステムを投入することで、奪われた市場シェアを取り戻していた。しかし、IBMは8月に入ってから、同社プロセッサ「Power5+」をアップグレードし、Hewlett-Packard(HP)は、自社のサーバ製品に、Intelの最新プロセッサ「Itanium」(開発コード名「Montecito」)を今後数週間の内に搭載する予定だ。

 Sunはまた、IBMおよびHP製品を使用しているユーザーを対象に、同社のラック型サーバ「Sun Fire E6900」や「Sun Fire E25K」を無料で提供するなど、積極的な売り込み活動を始めている。購入した場合、両製品の価格はそれぞれ5万5000ドルと31万5000ドルとなっている。同社によると、新型サーバには、最新の入出力(I/O)用サブシステム、PCI-Xスロットが搭載されているという。Sunはまた、同社のプロセッサ「UltraSPARC T1」(開発コード名「Niagara」)をローエンド向けに提供してきた一方、UltraSPARC IV+をよりメインストリーム向けに位置づけている。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!