NEC、Winny遮断やURLフィルタリングが可能なアプライアンスサーバを発売

ニューズフロント 2006年08月24日 18時43分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NECは8月24日、Winnyの通信遮断などが可能なインターネット接続用アプライアンスサーバ「Express5800/SG300c」「Express5800/CS200c」「Express5800/CS500b」の販売を開始した。

 SG300cは、ファイアウォール機能を提供する装置。WinnyやShareなどによるPtoP通信を遮断することで、社内からの情報漏えいを防ぐ。通信遮断は暗号化された通信データを解読して実行するため、通信パターンから内容を推測する方式と異なり、PtoPソフトの通信をすべて止められるという。

 CS200cとCS500bは、プロキシサーバ機能を提供する。ウイルス/ワームやスパイウェア、詐欺などにかかわる悪質なウェブサイトへのアクセスを遮断するため、URLフィルタリング機能を搭載。1日3回以上更新するデータベースを参照し、危険性の高いウェブサイトかどうかを判断する。

 各製品の希望小売価格は以下のとおり。NECでは、今後1年間で2000台の販売を見込む。

  • Express5800/SG300c:98万円
  • Express5800/CS200c:88万円
  • Express5800/CS500b:158万円

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!