MS、ソフトと技術情報の年間サービス「TechNet Plus Direct サブスクリプション」を提供開始

CNET Japan Staff 2006年08月26日 04時17分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マイクロソフトは8月25日、同社の最新ソフトウェアと技術情報の年間購読サービスである「TechNet Plus Direct サブスクリプション」の提供を9月20日より開始すると発表した。同サービスは「TechNet Plus サブスクリプション」の新しいラインアップになる。

 TechNet Plus Direct サブスクリプションは、IT技術者向けの有料会員サービスとして提供され、ソフトウェアの評価版や更新プログラムについて、常に最新技術を利用できる環境を提供する。具体的なサービスの内容は以下の通り。

  • WindowsやOffice、サーバ製品を購読者専用のウェブサイトからダウンロードしたうえ、評価を目的として使用できる。試用期間制限はない
  • 緊急案件にマイクロソフトのサポート担当者が24時間365日対応するプロフェッショナルサポート24を2インシデント無償提供され、追加インシデントに対しては20%割引で利用できる
  • TechNetオンラインの製品技術情報、サポート技術情報、リソースキットなどが収録されたTechNetライブラリを購読者専用ダウンロードサービスをダウンロードしたうえ、利用できる
  • マイクロソフト主催の有償イベントやセミナーの特別割引やマイクロソフトプレスの書籍の割引で購入できる

 9月29日まで、同社ウェブサイトで申し込みを受け付ける。価格は3万9000円。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR