クアンタム、業界最大の容量とセキュリティ機能を備えたテープ・ドライブ

WebBCN (BCN) 2006年08月28日 10時37分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本クアンタム ストレージ(クアンタム、桑畑俊一代表取締役)は、「DLT -S4」単体ドライブとテープ・オートメーションへの搭載モデルを発売すると 発表した。米クアンタムではすでに発表、発売していたもの。

 「DLT-S4」は、1カートリッジあたりネイティブで800GB、2:1のデータ圧縮 時で1.6TBの容量を持ち、1GBあたりの単価が6-7円と低価格な高いテープ・ド ライブ。他の同等クラスの製品に対して同じ価格で2倍の容量、あるいは半分 の価格で同じ容量を実現できるという。

 また、セキュリティ機能として、「DLTSage WORM」機能や「DLTSageテープ ・セキュリティ」機能などを備えた独自の「DLTSage」を採用。「DLTSage WOR M」は、標準のテープ・カートリッジ上での書き換えを不可能にし、長期間デー タを保存する。「DLTSageテープ・セキュリティ」機能は、テープ・カートリ ッジのデータへの不正アクセスを不可能にし、テープの紛失や盗難などの場合 に情報の漏えいを防止する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!