国内アプリケーションサーバ市場、2位の富士通が売上シェア躍進--IDC調べ

CNET Japan Staff 2006年08月29日 12時36分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 IT専門調査会社のIDC Japanは8月28日、国内アプリケーションデプロイメントソフトウェア市場動向を発表しました。

 同調査によると、国内アプリケーションデプロイメントソフトウェアの2005年の市場規模は、前年比7.2%増の833億円。2005年〜2010年の年間平均成長率は5.1%で拡大し、2010年には1068億円に達する見込みだ。

 機能別では、アプリケーションサーバソフトウェア448億円、インテグレーションサーバソフトウェア169億円、トランザクションサーバミドルウェア114億円、メッセージ指向ミドルウェア60億円、アプリケーションデプロイメントアダプタ/コネクタ43億円。

 アプリケーションサーバソフトウェア市場の売上シェアでは、IBMが4年連続でトップ。しかし、2004年から1.2ポイントシェアを落としている。一方、2位の富士通が5.5ポイント伸びた。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!