マイクロソフト、技術者コミュニティ支援策を発表--コミュニティ支援団体と協力も

ニューズフロント 2006年08月29日 17時07分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マイクロソフトは8月29日、開発者やシステム運用管理者などで構成される技術者コミュニティ向けの支援制度「Microsoft Community Ring」を発表した。開発者コミュニティ支援団体と協力し、「Windowsプラットフォームのコミュニティ全体の活性化を目的とした活動を展開する」(マイクロソフト)。

 マイクロソフトは、国際的な開発者コミュニティ支援団体International .NET Association(INETA)およびCulminisの日本支部INETA JapanCulminis in Japanとの協業を中心に、Windowsプラットフォーム向け支援活動に取り組む。

 具体的には、開発者コミュニティ立ち上げや運営のコンサルテーション、専門家などの紹介/派遣、発売前の製品に関する情報提供や勉強会向けプログラムの実施、イベント開催などを行う。Microsoft Developer Network(MSDN)およびTechNetの会費、有償イベントの参加費用、技術書籍の価格の割引きも実施する。

 さらに、特定非営利活動法人(NPO)のデジタルデバイド解消活動に対する支援策 「NPO-J」と連携し、「NPOと技術者コミュニティとの連携を支援することで、IT技術者の社会貢献や地域貢献を促進する」(マイクロソフト)。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
OS

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?