デルと日本ベリサイン、サーバとSSLサーバ証明書の一括販売を開始

ニューズフロント 2006年08月30日 18時06分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 デルと日本ベリサインは8月30日、デルのオンラインストアで、サーバ「PowerEdge」の購入とSSLサーバ証明書「ベリサインサーバID」の発行申請を同時に処理できるサービス「ベリサインSSL証明書発行サービス」を提供開始した。

 これにより、PowerEdgeサーバの購入と特別価格によるSSLサーバ証明書の発行申請が、ワンストップで行えるようになった。両社は「利便性の向上と、稼働までの作業時間の短縮を図れる。特に、買い替え時など一度に大量のサーバを導入する際に効果的」としている。

 同オンラインストアで扱うSSLサーバ証明書の税込み価格は、「セキュア・サーバID」が8万1900円(1年間有効)または15万5400円(2年間有効)、「グローバル・サーバID」が13万8600円(1年間有効)または26万4600円(2年間有効)。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから