NTTソフトウェア、モバイルセントレックス「ProgOffice」を発表--内線数500までの中規模企業が対象

CNET Japan Staff 2006年08月31日 18時26分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NTTソフトウェアは8月30日、独自開発の無線制御技術を搭載したモバイルセントレックスソリューション「ProgOffice(プログオフィス)」の販売を9月1日から開始すると発表した。

 ProgOfficeは、無線LAN環境でも安定した通話を実現できることが特徴。キャリアグレードの稼働率・信頼性を高め、新機能追加や業務システムとの連携などカスタマイズも可能だという。

 接続可能な端末はNTTドコモのデュアル対応携帯端末N900iL、固定IP電話、ソフトフォンとなっている。当初はN900iLを使用したサービス提供となるが、今後順次廉価な多種携帯端末やPDAなどにも対応していく予定。

 販売対象は内線数500までの中規模企業。今後3年間で15億円の売り上げを目指す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから