Linspire、「Click 'N' Run」ダウンロードサービスを無料へ

文:Stephen Shankland(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2006年08月31日 20時25分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Linux OSを提供するLinspireは、有償サービスとして提供してきたソフトウェアダウンロードライブラリ「Click 'N' Run(CNR)」を無料にした。これまで同サービスでは年額20ドル〜50ドルを課金していたが、これを無料とすることで自社製品の人気を高める狙いだ。

 「CNRを利用すると、デスクトップLinuxはさらに容易になる。われわれは全ユーザーにこの高品質サービスを利用してもらいたいと思っている」とLispireのCEO(最高経営責任者)、Kevin Carmony氏は声明文で述べている。LinspireはDVD再生ソフトウェア、MicrosoftのWindowsや、OpenOffice.orgの商用版であるSun Microsystemsの「StarOffice」を動かすことができるCodeWeaversの「CrossoverOffice」といったプレミアム製品により十分な収益を上げていることから、CNR無償化の動きは、財務的に見ても可能という。

 CNRは60ドルの有償版「Linspire」と無償版の「Freespire Linux」の重要な特徴となる。Linspireは、自社のアプローチにより新しいソフトウェアを容易にインストールできると強調している。

 Linuxは現在、主としてサーバOSとして使われることが多い。この分野では、管理者の技術指向が強く、Linuxと関連の深いUNIX環境が確立され、Microsoftは強い競争に直面している。最大手LinuxディストリビューターのRed Hatはサーバ分野で地位を確立し、ナンバー2のNovellもここでのシェア獲得に必死だ。だがLinspireをはじめ、Xandros、Mandriva、Canonical、Novellらはデスクトップコンピュータ分野でもLinux事業を確立しようとしている。

 これまでのところ、Linspireは黒字転換を果たしていない。だが同社の営業およびマーケティング担当バイスプレジデントのLarry Kettler氏は、「非常に近い」ところにいると述べる。「2005年は年間約1000万ドルの赤字だった。だが現在は損益ゼロのところにある」(Kettler氏)

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。 海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?