NEC、エージェントレスソフトが必要ないPC検疫ソフト

WebBCN (BCN) 2006年09月01日 12時11分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NEC(矢野薫社長)は、クライアントPCへのエージェントソフト導入を必要 としないPC検疫ソフト「CapsSuite/PC検疫システム」を発売した。税別価格 は500ライセンスで182万円から、出荷開始は06年9月末の予定。今後1年間で4 万ライセンスの販売を見込んでいる。

 「CapsSuite/PC検疫システム」は、個人所有PCの利用が多い業界のユーザー からエージェントレス型のPC検疫ソフトに対するニーズに応えた製品。ユーザー はPCを社内ネットワークに接続するごとにサーバーからエージェントをダウン ロードして検疫を受け、定められたセキュリティポリシー(方針)を満たした ことが確認された段階でネットワークへの接続ができる。

 また、ウィルス定義ファイルの更新状況をポリシーとして自動的に取り込め るなどの管理機能を搭載。中小規模の企業や部門単位での検疫システム構築に も利用できる。

 同社は「CapsSuite」で、シスコシステムズと「NACパートナープログラム」 を4月に契約締結。「NACフェーズ2」に対応したネットワーク製品と「CapsSuite」と連携した新たな検疫ソリューション開発に着手しており、12月に発売す る予定。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR