日立ソフトなど、日米対応認定SOXアドバイザーの育成プログラムを提供

ニューズフロント 2006年09月01日 13時56分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日立ソフトウェアエンジニアリングとビジネスブレイン太田昭和は8月31日、「認定SOXアドバイザー」を育成するプログラムの提供で協業すると発表した。

 認定SOXアドバイザー資格は、米国の認定機関SOX Instituteが運営している資格制度。国内では有限責任中間法人のグローバルマネジメントアカデミーがSOX Instituteと提携し、日米対応認定SOXアドバイザー資格として提供している。日立ソフトは同資格の取得者を育成するために、ビジネスブレイン太田昭和と連携していく。

 なお、日立ソフトは2006年8月末現在、20名以上が日米対応認定SOXアドバイザー資格を取得したという。今後も増員する予定で、「取得者を育成し、専門知識を持ったアドバイザーを中心に企業の内部統制再構築支援を行う」(日立ソフト、ビジネスブレイン太田昭和)としている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
運用管理

関連ホワイトペーパー

SpecialPR