マイクロソフト、企業向けセキュリティソフト「ISA Server 2006」を発売

ニューズフロント 2006年09月01日 19時05分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マイクロソフトは9月1日、企業向けセキュリティソフト「Microsoft Internet Security & Acceleration(ISA)Server 2006日本語版」の販売を開始した。「Standard Edition」と「Enterprise Edition」の2種類を用意する。

 ISA Server 2006は、組織内のIT環境をインターネット上の脅威から保護しつつ、「Exchange Server 2007」「SharePoint Server 2007」などによる情報公開を可能とするセキュリティゲートウェイ。

 シングルサインオン機能を備えるほか、スマートカードやワンタイムパスワードなどに対応した認証、Active Directoryとの統合といった機能に対応する。Windows UpdateやMicrosoft Updateの使用する「BITS」プロトコルのキャッシュも可能で、ネットワークの高速化にもつながるという。

 Standard Editionは、1台のサーバで最大4個のCPUが利用可能。Enterprise Editionは、利用可能なCPUの数に制限がない。対応OSは、Windows Server 2003(Service Pack 1以上)、Windows Server 2003 R2となる。ただし、64ビット版OSでは使用できない。

 ボリュームライセンスおよびOEMライセンスのほか、Standard Editionのみパッケージで販売する。Open Business Licenseの推定小売価格は、Standard Editionが24万9000円、Enterprise Editionが110万円。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから