メディアフュージョンなど、データ抽出機能を強化した「DocuLabo for EsTerra」を出荷

CNET Japan Staff 2006年09月03日 18時49分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 メディアフュージョンと西部ガス情報システムは9月1日、Excel/Wordで入力できるデータベース 「DocuLabo for EsTerra」の新版「DocuLabo for EsTerra Ver.2.0」を同日から出荷すると発表した。

 DocuLabo for EsTerraは、両社が共同で開発したウェブベースのナレッジマネジメントシステム。ExcelやWordをユーザーインタフェースとしてデータベース化できる点が特徴だ。作成されたデータは自動的にXMLデータに変換・保存されるため、項目単位での情報検索や情報の再活用が可能になる。

 新版では、マルチ言語に対応し、ソート機能やワークフロー機能を強化。処理性能も改善され、PDFプレビューやCSV登録、メール送信などのオプション機能も組み込まれた。

 価格は、無制限ユーザーライセンス版が262万5000円、開発ツールキットが315万円。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!