NEC、企業向けの新ネットワーク構築体系で稼働率99.9999%を実現へ

ニューズフロント 2006年09月04日 20時28分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 NECは9月4日、企業向けのネットワーク構築(SI)手法を体系化し、新たに「UNIVERGEネットワークSI体系」として提供を始めることを発表した。

 新体系は、NECが持つシステム構築手法やノウハウを体系化し、「デザインアーキテクチャ」と「SIマネージメント標準」という2つの要素で構成する。前者は、構築手法のガイドラインや基本構成の部品類、自動設計やシミュレーションなどのツールなどを含む。後者は、SIのプロセスを標準化した。

 NECでは、UNIVERGEネットワークSI体系の提供により、稼働率が最大99.9999%(年間停止時間約32秒以下)という極めて信頼性の高いネットワークの実現を目指す。入場ゲートなどの設備やネットワーク、情報機器、コンテンツなどを連携させ、ウイルスなどの被害の自動検知や自律的な対策など、高度なセキュリティも実現する。また、利用状況に応じて帯域幅を可変することで、オンライン取引や超高速計算機、動画再生などの快適な利用も可能とする。

 新体系を通じ、NECは国内約7000人、全世界1万人の体制を整え、24時間サービスを提供する。これにともない、企業向けネットワークソリューション事業で2008年度に約5000億円の売上高を目指す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!