日本HPと日本BEA、RFID利活用アーキテクチャ「RFID 2.0」の開発推進で協業

ニューズフロント 2006年09月04日 20時55分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本ヒューレット・パッカード(日本HP)と日本BEAシステムズは9月4日、企業ITシステムに無線ICタグ(RFID)を組み込むための新アーキテクチャ「RFID 2.0」を発表した。両社は、今後共同で推進活動に取り組む。

 RFID 2.0は、製造・物流現場におけるRFIDシステムと、既存の企業システムとの連携を視野に入れ、企業内および企業間のリアルタイムな情報共有の基盤作りを目指す。具体的には、RFID対応ソフト「BEA WebLogic RFID Edge Server/Enterprise Server」をベースに、EPCglobal準拠のオープンなRFID利活用基盤アーキテクチャを開発する。

 両社は、このRFID利活用基盤がサービス指向アーキテクチャ(SOA)にもとづくITシステムとして実装されると想定しており、その設計/実装向けアーキテクチャの検討と策定で協業する。アーキテクチャや技術資料は積極的に公開し、RFID利活用基盤の標準化も進める。

 さらに、開発するアーキテクチャの理解を促進するために、デモコンテンツの開発も共同で行う。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR