フューチャー、Ruby言語ベースの非同期処理ライブラリ「AP4R」を公開

CNET Japan Staff 2006年09月06日 16時43分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 フューチャーシステムコンサルティングは9月5日、Ruby言語ベースの非同期処理ライブラリ「AP4R」を公開した

 AP4Rは、オープンソースソフトウェア(OSS)軽量言語、Rubyによる高生産性フレームワーク「Rubyon Rails」に、非同期処理を追加するためのライブラリ。フューチャーの研究開発部門は、すでに非同期・分散処理機能を持つメッセージング基盤を開発しており、そのノウハウを応用して新規開発したという。

 同社は、AP4Rの拡張を手始めに、今後もOSSとコミュニティに継続的な貢献や支援を展開する予定としている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
開発

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから