情報技術開発とITX-EG、パンダソフトウェア製品の販売代理店契約を締結

目黒譲二 2006年09月07日 12時43分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 情報技術開発(TDI)とスペインに拠点を置くPanda Softwareの国内総代理店であるITXイー・グローバレッジ(ITX-EG)は9月6日、Panda Software製品の販売に関する代理店契約を締結したと発表した。Panda Softwareは、アンチウイルス売上高において世界第4位(2005年、Gartner調べ)のセキュリティベンダー。

 今回の代理店契約締結により、TDIはPanda Softwareの企業向け主力製品であるセキュリティアプライアンス「Panda GateDefender Performa 8000」シリーズやASP型セキュリティソフトウェア「Panda WebAdmin Antivirus」などの販売を行う。

 GateDefender Performa は、SCM(Secure Content Management)と呼ばれるアプライアンス。ウイルスはもちろん、スパイウェア、フィッシング、スパム、不正なコンテンツなど、マルウェアの侵入をゲートウェイレベルにおいて遮断する。スパムをブロックするアンチスパム機能や不適切なネットアクセスを制限し、ウェブ経由のセキュリティリスクを排除するフィルタリング機能(オプション)を一括搭載でき、トータルコストを最低限に抑えられるという。

 WebAdmin Antivirus は、専用管理サーバ不要ですべての組織のサーバなどに提供するウェブベースのASP型ウイルス対策。アンチマルウェア技術とアドミニストレーション技術により、このソリューションは即時に導入が可能で、完全自動アップデートに加えて、それぞれのユーザーのニーズに合わせてリモートオフィスやモバイルPCを含むITリソース全体のアンチマルウェア環境をセキュアに監視・管理できる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

SpecialPR