日立、「HA8500シリーズ」に新プロセッサ搭載7モデルを追加

CNET Japan Staff 2006年09月09日 15時19分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日立製作所は9月7日、インテルItanium 2プロセッサを搭載したアドバンストサーバ「HA8500シリーズ」に、最新のデュアルコア インテル Itanium 2プロセッサ9000番台(開発コード:Montecito)を搭載する7モデルを発表した。

 新プロセッサが搭載されるのは、ハイエンドモデル「HA8500/860」、ミッドレンジモデル「HA8500/740」および「HA8500/630」、エントリーモデル「HA8500/420」および「HA8500/310」。従来プロセッサに対し約2倍の高性能を実現できるほか、信頼性の向上や消費電力の削減が可能になるという。

 また同社は同日、エントリーモデルに新開発のチップセットzx2およびデュアルコア インテルItanium 2プロセッサを採用した「HA8500/520」「HA8500/410」を加え、同日より販売を開始することも発表した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!