マイクロソフト、「Windows SBS 2003 R2」のパッケージ販売を開始--WSUSを統合

ニューズフロント 2006年09月11日 14時26分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マイクロソフトは9月11日、「Microsoft Windows Small Business(SB)Server 2003 R2」の日本語パッケージ版を9月15日に販売開始すると発表した。「Standard Edition」と「Premium Edition」の2種類を用意する。Premium Editionの推定小売価格は23万8000円。

 SB Server 2003 R2は、「Windows Server 2003」をベースとする中小企業向けサーバパッケージ製品。「Microsoft Windows SharePoint Services」「Microsoft Exchange Server 2003 SP2」「Microsoft Office Outlook 2003」などを一括提供する。

 最新版であるSB Server 2003 R2は、ソフト更新管理機能「Windows Server Update Services(WSUS)」を統合し、更新プログラムの配布などを一元的に管理する「Green Check」機能を搭載した。これまで16Gバイトだったメールボックスのサイズ制限を75Gバイトに拡張し、Premium Editionには「SQL Server 2005 Workgroup Edition」「Microsoft Internet and Security Acceleration(ISA)Server 2004」「Microsoft Office FrontPage 2003」を同梱する。

 クライアントアクセスライセンス(CAL)の拡張により、SB Server 2003 R2と同一ネットワーク内にあるExchange Server 2003、SQL Server 2005 Workgroup Edition、Windows Serverへのアクセス時には、CALを追加購入する必要がない。

 なお、デル、NEC、日本IBM、日本ヒューレット・パッカード(日本HP)、富士通などが、SB Server 2003 R2搭載モデルの提供を9月初旬から順次開始する。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 「奉行シリーズ」の電話サポート革命!活用事例をご紹介

    「ナビダイヤル」の「トラフィックレポート」を利用したことで着信前のコール数や
    離脱数など、コールセンターのパフォーマンスをリアルタイムに把握するに成功。詳細はこちらから