CTCSP、データレプリケーションソフトの64bitサーバー対応版

WebBCN (BCN) 2006年09月12日 08時24分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 シーティーシー・エスピー(CTCSP、岩本康人社長)は、同社が販売・サポートする高速データ複製(レプリケーション)ソフト「Double-Take」のWindows Server 2003 x64bit対応バージョン「Double-Take x64版」を9月13日から出荷開始する。税別価格は、「Double-Take for Windows Server Edition」で、従来の32bit対応版と同等の48万円。

 「Double-Take」は、米Double-Take Software社が開発し、Windowsサーバー上で運用されているファイル、データベース、メールサーバーなどのデータの可用性を高めるソフト。今回、新たに「Windows Server 2003 x64bit版」に対応したバージョンを追加し、すでに64bit版を導入している企業や、今後の導入を見込む企業でも、「Double-Take」を利用したデータレプリケーション環境を構築できるようにした。

 CTCSPは、2000年7月に米Double-Take Software社(旧NSI Software)と販売契約を締結。「Double-Take」の販売とサポートを手がけ、自社のストレージソリューションの中核に位置づける。さらに今後は、これまで以上に販売に力を入れる予定。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
運用管理

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!