沖電気、アプリケーションソフト「Com@WILLシリーズ リリース6」を販売開始

CNET Japan Staff 2006年09月12日 10時13分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 沖電気工業は9月11日、同社のIPテレフォニーサーバ「IP CONVERGENCE Server SS9100」に連携するアプリケーションソフトウェア商品群「Com@WILL(コムアットウィル)シリーズ」の機能を拡充し、「Com@WILLシリーズ リリース6(Com@WILL R6)」として同日から販売活動を開始すると発表した。

 Com@WILL R6では、「Com@WILL ソフトフォン」に、沖電気の映像技術「eえいぞう」のコーデックを搭載。TV電話やTV会議における映像品質を向上させた。また、アドレス帳の共有化や、「留守録」「通話録音」などの機能が拡充されている。

 10月に出荷を開始する予定。価格はオープン。シリーズ全体で3年間に1000社への納入を目指す。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
クラウド基盤

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!