ソフトクリエイト、ワークフローに特化したASP型サービスを提供開始--「勘定奉行」とも連携

ニューズフロント 2006年09月12日 15時24分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ソフトクリエイトは9月12日、ワークフロー機能に特化したASP型サービス「上様!申請ですよ」の提供を開始した。税別料金は、初期導入パック(最大50登録ユーザー)の初期費用および月額費用が5万円、追加20登録ユーザーの月額費用が1万円となる。

 2009年3月以降に始まる日本版SOX法により、上場企業は内部統制の確立が求められるが、同社では「今後は会社規模を問わず内部統制システム構築が求められるようになる。そういった背景の中で具体的に最初に取り組む課題として、ワークフローの標準化と文書管理になる」と説明する。

 同サービスの対象顧客について、ソフトクリエイトは「ワークフローアプリケーションを利用したいが、高額な専用サーバやパッケージソフトを導入できない、もしくはシステム管理者を準備する余裕がないという中小・中堅企業」としている。

 AS型Pサービスであるため、担当者が社員名や組織名などの企業マスター情報を登録したうえで、用意されているテンプレートから利用したい帳票(ウェブフォーム)を指定し、社員にURLやID、パスワードを配布すれば導入が終わる。

 また、ソフトクリエイトは、オービックビジネスコンサルタント(OBC)の財務会計ソフト「勘定奉行」との連携を可能とする上様!申請ですよ用オプションを、10月から販売する予定だ。この連携オプションを利用すると、勘定奉行への経費の仕訳入力や申請・提出金額の検算、記入漏れチェックが行えるようになる。税別価格は15万円とする。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つプレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?